2011年秋季大会本大会 準々決勝詳細記事

準々決勝の相手は都府中東。
都府中東は三回戦で優勝候補とも言われていた國學院久我山を破り、
この準々決勝へと駒を進めてきました。
一度は10/22(土)に神宮第二球場にて行われたこの試合ですが、
駿台学園が5-1とリードした5回裏に激しい雨に襲われ、
そのまま降雨ノーゲームとなってしまったわけです。
仕切り直しの再試合は翌々日の10/24(月)に行われました。
平日でしたが私は午前半休を取得し観戦に出掛けた次第です。


試合前サイドノック


試合前声出し


スタンドの選手達も一体!
再試合になって良かったことは、
土曜日はテスト期間で来ることができなかった
スタンドの選手達の応援が復活したこと!


試合開始の挨拶


秋は本大会準々決勝からスコアボードには選手名が表示されます。


1番バッターOGTくん②


2番バッターISI(R)くん⑧


3番バッターINUくん⑱


4番バッターNSKくん③


5番バッターNGSくん⑤


6番バッターMGIくん⑨


7番バッターFKDくん⑲


8番バッターNKYくん⑭ 代打


9番バッターKTGくん①

◆一回表 都府中東の攻撃
1番バッター:四球
2番バッター:投ゴロ併殺
3番バッター:四球
4番バッター:三振
先頭バッターに四球を与え、2番バッターは送りバントの構えからバスター!
幸いにもこの打球が投ゴロとなり1-6-3の併殺に!
しかし、3番バッターにまたもや四球を与え二死一塁。
ここで迎えるは久我山戦でタイムリーを放った4番バッターでしたが、
三振に斬って取り無得点に抑えます!
【駿台学園0-0都府中東】

◆一回裏 駿台学園の攻撃
1番OGTくん②:三振
2番ISI(R)くん⑧:左飛
3番INUくん⑱:中安
4番NSKくん③:中安
5番NGSくん⑤:三ゴロ
二死から連続ヒットで一二塁のチャンスをつくりますが、
NGSくん⑤の打球は敢え無く三塁真正面のゴロで無得点。
【駿台学園0-0都府中東】


エール交換をするこの秋大の応援団長SKBくん


センター前ヒットを放ったINUくん⑱


同じくセンター前ヒットを放ったNSKくん③

◆二回表 都府中東の攻撃
5番バッター:三ゴロ
6番バッター:中安→盗塁
7番バッター:三振
8番バッター:四球
9番バッター:三振
この回も二死一二塁とランナーを背負いますが、
要所を締め無得点に抑えます。
【駿台学園0-0都府中東】

◆二回裏 駿台学園の攻撃
6番MGIくん⑨:右飛
7番FKDくん⑲:遊飛
8番NKYくん⑭:遊ゴロ
三者凡退に討ち取られてしまいます。
【駿台学園0-0都府中東】

◆三回表 都府中東の攻撃
1番バッター:三振
2番バッター:三振
3番バッター:三振
三者連続三振に斬って取ります!
【駿台学園0-0都府中東】

◆三回裏 駿台学園の攻撃
9番KTGくん①:左2
1番OGTくん②:犠打
2番ISI(R)くん⑧:中安
3番INUくん⑱:左安
4番NSKくん③:二ゴロ
5番NGSくん⑤:三ゴロ
先頭バッターのKTGくん①がレフト頭上を破る二塁打で出塁!
OGTくん②がきっちり送り一死三塁とします。
ここでISI(R)くん⑧の放った鋭い打球はセンター前へ!
打球が落ちるのを見てゆっくりとKTGくん①が先制のホームイン。
そして、続くINUくん⑱も一二塁間をしぶとく破るヒット。
この打球で一塁ランナーISI(R)くん⑧は一気に三塁を陥れます!
これで一死一三塁となり、続くはチャンスに強い4番NSKくん③!
NSKくん③の打球はセカンドへ。バッターランナーはアウトになりますが、
この間に三塁ランナーのISI(R)くん⑧が2点目のホームを踏みます。
なおも二死二塁のチャンスでしたが、後続が倒れチェンジ。
【駿台学園2-0都府中東】


レフトオーバーの二塁打を放ったKTGくん①


先制タイムリーを放ちガッツポーズのISI(R)くん⑧


積極的な走塁で三塁を陥れるISI(R)くん⑧

◆四回表 都府中東の攻撃
4番バッター:左飛
5番バッター:中飛
6番バッター:右飛
左から順繰りの外野フライにて三者凡退に!
【駿台学園2-0都府中東】

◆四回裏 駿台学園の攻撃
6番MGIくん⑨:中安→盗塁死
7番FKDくん⑲:三失
8番NKYくん⑭:遊ゴロ
9番KTGくん①:二ゴロ
先頭のMGIくん⑨がセンター前ヒットで出塁するも、
FKDくん⑲がエンドランに失敗(空振り)し、
結果、MGIくん⑨二盗失敗という形になってしまいます。
FKDくん⑲は相手三塁手の悪送球にて二塁ベースを陥れます。
これで一死二塁。ランナー入れ代わりましたが送ったような形。
しかし、後続2人が内野ゴロに倒れチェンジ。
【駿台学園2-0都府中東】

◆五回表 都府中東の攻撃
7番バッター:三振
8番バッター:遊安
9番バッター:投ゴロ → 盗塁死
一死から内野強襲ヒットを許すも、
次のバッターの送りバントを二塁フォースアウトに仕留め、
残ったそのランナーの盗塁も刺し、結果的に三者凡退。
【駿台学園2-0都府中東】

◆五回裏 駿台学園の攻撃
1番OGTくん②:中飛
2番ISI(R)くん⑧:二ゴロ
3番INUくん⑱:中飛
打順良く1番からの攻撃でしたが、
敢え無く三者凡退に打ち取られてしまいます。
【駿台学園2-0都府中東】

◆六回表 都府中東の攻撃
1番バッター:左安
2番バッター:投ゴロ
3番バッター:三ゴロ
4番バッター:三振振り逃げ
5番バッター:二ゴロ
先頭バッターにレフト前ヒットを許し無死一塁。
ここで相手2番バッターは送りバントを試みますが、
またもやKYGくん①の好フィールディングにて二塁フォースアウト!
続くバッターを三塁ゴロに打ち取り併殺と思いきや一塁は間一髪セーフ。
二死一塁となりますが、ここでKTGくん①が痛恨のボーク。
二死二塁と自らピンチを広げてしまいます。
ここで相手バッターは4番!
追い込んでからのスライダーで空振り三振と思いきや、
今度はこの球をOGTくん②が捕球できずに振り逃げとなり二死一三塁。
しかし、5番バッターをセカンドゴロに打ち取りチェンジ。
ピンチを切り抜けます。
【駿台学園2-0都府中東】

◆六回裏 駿台学園の攻撃
4番NSKくん③:遊ゴロ
5番NGSくん⑤:左安
6番MGIくん⑨:遊ゴロ
7番FKDくん⑲:二ゴロ
一死から5番NGSくん⑤がレフト前ヒットで出塁するも、
後続が続かず無得点。
【駿台学園2-0都府中東】

◆七回表 都府中東の攻撃
6番バッター:左飛
7番バッター:右飛
8番バッター:四球
9番バッター:四球
1番バッター:右安
2番バッター:左飛
6・7番の打者二人に対し外野フライで簡単に二死を奪うも、
続く8・9番に対して突如ストライクが入らなくなるKTGくん①。
結局、この打者二人に連続四球を与え、二死一二塁のピンチ。
ここで相手バッターはトップに返り1番。
3ボール2ストライクから振り抜かれた打球はライト前へ!
この打球を右翼手MGIくん⑨がワンバウンドで抑えようとしたその時、
若干バウンドが変わったようでボールを後ろへと逸らしてしまいます。
この間に二人のランナーが本塁へ還り、バッターランナーも三塁へ!
二死無塁から連続四球と失策で2失点を喫してしまいました。
そして、なおも二死三塁のピンチが続きますが、
2番バッターの鋭い打球を左翼手NKYくん⑭が全速力で前進し抑えます。
これにてKTGくん①の本大会無失点記録は27イニングで潰えてしまいました…。
【駿台学園2-2都府中東】

◆七回裏 駿台学園の攻撃
8番代打HRDくん⑳:三振
9番KTGくん①:遊飛
1番OGTくん②:右中2
2番ISI(R)くん⑧:二ゴロ
二死からOGTくん②の放った打球は右中間へ一直線!
勝ち越し本塁打かと思いきや、昭島市民球場は両翼97mと広いこともあり、
フェンスにダイレクトに当たる二塁打。二死二塁と勝ち越しのチャンス!
しかし、後続が続かず無得点。
【駿台学園2-2都府中東】


この回の先頭バッターは代打のHRDくん⑳

◆八回表 都府中東の攻撃
3番バッター:右飛
4番バッター:捕邪飛
5番バッター:三振
前の回では崩れかけたKYGくん①でしたが、
この回は持ち直して、見事三者凡退に抑えます。
【駿台学園2-2都府中東】

◆八回裏 駿台学園の攻撃
3番INUくん⑱:三失
4番NSKくん③:一失
5番NGSくん⑤:犠打
6番MGIくん⑨:遊失
7番FKDくん⑲:死球
8番MTMくん⑥:遊ゴロ併殺
この回先頭のINUくん⑱の打球は平凡なサードゴロ。
これを相手三塁手が一塁へ悪送球し無死一塁。
続くNSKくん③は一塁線上へ絶妙に転がる送りバント。
これを相手一塁手がまたもや一塁へ暴投し、
労せずして無死一二塁のチャンスを得ます。
5番NGSくん⑤はしっかりと送りバントを決め一死二三塁。
この勝ち越しのチャンスでMGIくん⑨の打球はショートへ!
三塁ランナーINUくん⑱はスタート良く本塁へ向かいます!
送球が若干左に逸れホームイン!ついに1点を勝ち越します。
続くFKDくん⑲の死球にて一死満塁と一気に突き放すチャンス!
しかし、前の回からレフトの守備に入っていたMTMくん⑥の打球は、
運悪く前進守備のショートの目の前へ…。
二塁ベースを踏まれ一塁へ転送。6-6-3の併殺に打ち取られてしまいます。
【駿台学園3-2都府中東】


MTMくん⑥のバッターボックス

◆九回表 都府中東の攻撃
6番バッター:遊ゴロ
7番バッター:三振
8番バッター:右安
9番バッター:三振
簡単に二死を奪い、8番バッターも追い込みますが、
ライト方向へと弾き返され二死一塁。
しかし、前の回で立ち直ったKTGくん①は落ち着いています。
最後のバッターを空振り三振に仕留めゲームセット!
苦しみに苦しんでの1点差勝利となりました。
【駿台学園3-2都府中東】


KTGくん①最終回のピッチング


試合終了後の挨拶へと向かう選手達


試合終了後の挨拶


試合後、気付くと3人の記者さん達に囲まれていたKTGくん①

しかし、この準々決勝は本当に難しい試合でした。
昨秋も経験しましたが、降雨ノーゲーム後の再試合っていうのは、
勝っていた方にとっては本当に不利だ(やりにくい)と痛感いたしました。
負けていた方はある意味捨て身(大胆な采配等)で戦えるのに対し、
勝っていた方はやはりどうしても正攻法に成らざるを得ないと思うのです。
下手すると「絶対負けられない!」という思いが空回りしてしまう危険性もあり、
そのメンタルの差っていうのは想像以上に大きいものだと思います。
ただ、ここまで苦しみながらも結果的に勝利できたということは、
これからの駿台野球部にとって非常に大きな勝利だと感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。