2012年度第94回選手権東東京大会 二回戦詳細記事

今更の対応になってしまい誠に恐縮ではございますが、
2/9(土)に「三年生を送る会」が催されますので、
是が非でもその前にという思いで、現三年生最後の試合の
詳細記事をここにアップさせていただきます。


都営駒沢球場は、駿台野球部にとってとてもゲンの良い場所
というイメージがありました。
実際、私が駒沢で観戦した際には負けた記憶がないですから!
ただ今思い返すと、それは全て「一塁側」だったかもしれません…。


試合前応援席への挨拶


ベンチ&スタンド一体となっての声出し!


試合開始の挨拶。


1番・中堅手ISI(R)くん⑧


2番・捕手SRKくん②

3番・右翼手MTMくん⑨のバッターボックス姿の撮影失念です…。
本当に申し訳ございません。


4番・三塁手NGSくん⑤


5番・一塁手NSKくん⑮


6番・遊撃手OGTくん⑥


7番・左翼手HRDくん⑱


8番・二塁手KTGくん④のバッターボックス姿の撮影は失念してしまいました…。
代わりに出塁した際の姿をアップさせていただきます。


9番・投手KTGくん①

【一回表】日大豊山の攻撃

肘の故障を抱えつつも先発のマウンドに上がったKTGくん①は
危なげないピッチングで三者凡退に抑える。
駿 0-0 豊

【一回裏】駿台学園の攻撃
一死からSRKくん②とMTMくん⑨の連続安打でチャンスをつくるも、
後続が続かず無得点。
駿 0-0 豊

【二回表】日大豊山の攻撃
袖にかすった死球から二死二三塁のピンチ背負うも無失点に抑える。
駿 0-0 豊

【二回裏】駿台学園の攻撃
三者凡退。
駿 0-0 豊

【三回表】日大豊山の攻撃
失策からピンチを迎えるが何とか凌ぎ無失点。
駿 0-0 豊

【三回裏】駿台学園の攻撃
死球からチャンスを得るも後続が倒れ無得点。
駿 0-0 豊

【四回表】日大豊山の攻撃
四球・安打を織り交ぜられ一死満塁とされ、
ここで肘痛のKTGくん①が降板。


二番手投手としてマウンドに上がったMRIくん⑫。
ここで相手打者はスクイズのサインミス。
飛び出した三塁走者を三本間に挟むも、
走塁ライン上に残った捕手SRKくん②が走塁妨害を取られ失点。
これで流れが一気に変わってしまう。
結局MRIくん⑫は一死も取ることができずに降板。


三番手投手のADCくん⑪でしたが、この嫌な流れは止められず、
この回なんと計8失点を喫してしまうことに。


この回、伝令に走ったキャプテンINUくん⑩
駿 0-8 豊

【四回裏】駿台学園の攻撃
無得点。
駿 0-8 豊

【五回表】日大豊山の攻撃
無失点。
駿 0-8 豊

【五回裏】駿台学園の攻撃
無得点。
駿 0-8 豊

【六回表】日大豊山の攻撃
1点追加される。
駿 0-9 豊

【六回裏】駿台学園の攻撃

先頭バッターの1番ISI(R)くん⑧が右中間フェンス直撃の三塁打を放つ。


ここで代打にキャプテンINUくん⑩が登場!
そのINUくん⑩が放った打球はレフトへの外野フライ。
若干浅くも感じられましたが、三塁走者のISI(R)くん⑧は
思い切ってタッチアップを試み本塁を目指します。
しかし、敢え無くタッチアウト…。
後続も倒れこの回も無得点。
駿 0-9 豊

【七回表】日大豊山の攻撃
2点追加される。
駿 0-11 豊

【七回裏】駿台学園の攻撃
無得点に終わり規定により7回コールドゲームが成立…。

この回代打で登場したNKYくん⑦
駿 0-11 豊


試合終了の挨拶


試合終了後のベンチ裏。涙に暮れる選手達。


試合後、記者に囲まれ取材されていたKYGくん①も終始涙…。


キャプテンINUくん⑩から日大豊山へと千羽鶴を託しました。

2011年の秋大会では東京都ベスト4入りを果たし、
選抜21世紀枠候補にも選ばれるという快挙をなし遂げた三年生!
間違いなく駿台野球部の歴史を一番塗り替えてくれた世代です。

最後の夏は春に続き残念な結果に終わってしまいましたが、
いずれの大会の経験もこれからの人生に必ず活きてくることでしょう。
まだまだ人生はこれから!
この高校野球に捧げた三年間と同じ思いを持ち続けて、
卒業しても多方面で活躍してくれることを期待しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。