2012年春季大会本大会 三回戦詳細記事

今更の対応で誠に恐縮ではございますが、
きちんとした区切りを付けて夏大に臨むためにも、
春本大会三回戦の詳細記事をここにアップさせていただきます。

とはいえ、あれから三ヶ月の月日が経っておりますので、
詳細というよりも写真中心の記事とさせていただきますこと、
どうかご了承くださいませ。


試合開始の挨拶。
ネガティブなジンクスは気にしないようにしてはいるのですが、
私が観戦する江戸球の三塁側ってホント相性が悪いんですよねえ~。
この日このジンクスとも晴れておさらばだと思っていたのですが…。


1番・中堅手ISI(R)くん⑧


2番・捕手OGTくん②


3番・二塁手INUくん⑥


4番・三塁手NGSくん⑤


5番・一塁手NSKくん③


6番・遊撃手MTMくん⑦


7番・左翼手NKYくん⑬


8番・右翼手SKBくん⑯


9番・投手KTGくん①


六回裏に勝ち越しの本塁を踏むSKBくん⑯。
秋は応援団長としてスタンド最前列で奮闘していたSKBくんは
この春に晴れてベンチ入りを果たし、この日はスタメン出場!
安打も放って得点にも見事に絡んでくれました。
しかし、私を唸らせてくれたのは何と言っても守備面。
ライト前に落ちても仕方ないと思える打球をこの日2度キャッチ!
何気なく追いついたように見えますが、見事なファインプレーでした。


その勝ち越しタイムリー二塁打を放ったISI(R)くん⑧。


昨秋に一躍その名を知らしめたエースのKTGくん①。
春大前の調整不足から調子は今ひとつでしたが、
それでも要所を締め我慢のピッチングで凌いでおりました。
しかし、最後の最後で失投を捕らえられ…。


試合終了の挨拶へ向かう駿台ナイン。

さあ、ケジメ記事はこれにて終了です。
長い長い夏にするために、この春の負けがあったのだと前向きに捉え、
来たるべく一週間後からの戦いに臨みましょう!
秋にあれだけの偉業を成し遂げた君達なら絶対にできるはず!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。