2013年秋季大会一次予選 二回戦結果速報

本日行われた秋季大会ブロック予選二回戦の試合結果です。

桐    朋|2 1 0 0 0 0 0| 3
駿台学園|8 1 0 0 0 1 X|10 (七回コールド)

一回表にいきなり一死満塁のピンチを招くも、
5番バッターを二ゴロに仕留め「よし4-6-3の併殺!」と思いきや、
ここで二塁手SYMくん⑬と遊撃手KTOくん⑥の呼吸が合わず、
送球は外野を転々…。左翼手KTOくん⑲が本塁へ返球するも
二人の走者が還り二点を先制されてしまいます。
なおも、一死二三塁とピンチが続きますが、
先発投手MYSくん①が粘りのピッチングで後続を抑えます。

初回からいきなりの2失点となってしまいましたが、
新チーム初めての公式戦。
一死満塁をよく2失点で切り抜けたと言えるでしょう。
攻撃陣に期待するといたします。

そしてその裏、駿台打線は爆発します。
相手投手の立ち上がりの悪さにつけ込み連続四死球で走者を溜め、
一死満塁から5番打者HNYくん⑨がライトオーバーの適時打を放ち、
たちまち2-2の同点に追いつきます。
その後も長短打合わせ13人の猛攻で一挙8点を奪うことに!

この一回の攻防だけで40分程を要し、
一体この試合はどうなってしまうのかと思いましたが、
二回からは落ち着き取り戻し、締まった試合へと変貌します。
そして、駿台学園は六回裏に1点を追加し、
見事七回コールド勝利発進となりました!


本日の1枚は先発投手のMYSくん①
ピッチングは勿論のことバッティングでも活躍してくれました。

一ヶ月半前の夏大ではどうにも湿りがちな駿台打線でしたが、
その鬱憤を晴らすかのように、新チームの打線は躍動してくれました。
秋に強い駿台学園野球部!
来週(9/15)のブロック代表決定戦(対日本学園戦)に勝利し、
是が非でも二年振りの本大会出場を勝ち取りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。