2018年春季本大会二回戦結果速報

本日行われた春季本大会二回戦の試合結果です。

駿台学園|0 0 0 1 0| 1
早稲田実|8 3 4 2 X|17

たらればは禁物なのは重々承知の上で申し上げますが、一回裏二死一三塁からの遊ゴロを慎重に捕りに行き過ぎてしまっての失策がなければ、ここまで一方的なスコアにはならなかったようにも感じております。

「固い守りでリズムをつくり攻撃に繋げる」っていうのが今年のチームの真骨頂だと思っているので、ガクッと来てはいけないとは心ではわかっていても、やはり気持ちは乱れてしまうのかなと…。その失策をきっかけにあと一つのアウトが取れずに、あれよあれよの8失点でしたから、その後のイニングにも連鎖してしまったのは否めないかと…。

外野陣も早実打線を鑑みての深い守備位置だったかとは思うのですが、それも裏目に出て内外野間にポトリと落ちてしまう打球も多かったように感じます。早実が相手という重圧からか、普段通りの駿台野球を発揮できなかったということでしょうか…。

ただ、前向きに考えるとするならば、早実という強豪校と戦えた経験を大本番の夏に活かせるということ!安打数では駿台4・早実9なのにも関わらず、何故にここまでの大敗を喫してしまったのか?…あと3ヶ月で各自その答えを見つけて夏に臨んでいただきたいと思います。


本日の1枚は足に怪我を負いながらも本日2安打1打点と気を吐いた森田くん⑨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。