2010年秋季大会 12-Aブロック代表決定戦(再試合)詳細記事

9/26(日)に行われた秋季大会12-Aブロック代表決定戦(再試合)の
詳細記事をアップさせていただきます。

【1回裏・修徳の攻撃】
先発投手YNYくん①は立ち上がりを攻められ、
1番・4番バッターにセンター前ヒットを浴び、
二死まで漕ぎ着けるものの、5番バッターに三塁打を喫し、
2点を先制されてしまいます。
[駿0-2修]


この日の先発ピッチャーもエースYNYくん①。

【3回表・駿台学園の攻撃】
この回先頭の8番KWKくん⑤がライト前ヒット。
9番TKOくん⑭の送りバントでランナーを二塁へ進め、
続く1番ISIくん④が放った打球はセンター前へ!
二塁ランナーKWKくん⑤が還り1点を返します。
2番HRK⑧の三振後、3番OGTくん⑥がライトへの二塁打を放ち
二死二三塁というチャンスを迎えますが、
4番TKHくん②は敢え無くファーストフライに打ち取られチェンジ。
[駿1-2修]


この秋季大会では当たりに当たっていたISIくん④。


ホームに還りベンチへ戻るキャプテンKWKくん⑤。

【3回裏・修徳の攻撃】
せっかく1点差に迫ったものの、長短打4本を絡められての2失点。
1-3とリードを広げられてしまいます。
[駿1-4修]

【4回表・駿台学園の攻撃】
一死二塁のチャンスに7番KMKくん⑱は強烈な打球を放ちます!
が、そのライナーの打球は相手投手のグラブにすっぽりと収まってしまい、
残念ながらダブルプレーとなってしまいました…(悔)
このプレー(紙一重の運)がこの日の勝敗を分けた様な気がします。


会心の当たりを放つも惜しくもピッチャーライナーに倒れてしまったKMKくん⑱。

【4回裏・修徳の攻撃】
8番バッターにセンター前ヒット。
二死から2番バッターにレフト前ヒット。
そして、3番バッターにショート内野安打タイムリーを浴び1失点。
[駿1-5修]

【5回裏・修徳の攻撃】
一死満塁という絶対的ピンチを見事無失点で切り抜けます!
[駿1-5修]


この回の途中からマウンドに上がったSGWくん⑩。


そしてファーストの守備につくYNYくん①。

【6回裏・修徳の攻撃】
またもや一死満塁の大ピンチを併殺で切り抜けます!
[駿1-5修]

【7回表・駿台学園の攻撃】
この回先頭の5番MTMくん⑦がセンターオーバーの二塁打。
ここで、6番YNYくん①の打球は強烈なピッチャーゴロ…。
二塁ランナーのMTMくん⑦が思わず飛び出し二三塁間に挟まれてしまいますが、
相手守備陣の隙をつき、なんと三塁を陥れます!(喜)
無死一三塁のチャンスでしたが、7番KMKくん⑱はサードゴロでランナー動けず。
しかし、8番KWKくん⑤は四球を選び一死満塁とチャンスが広がります。
ここでバッターボックスに入るのは5回途中からマウンドに上がったSGWくん⑩。
そのSGWくん⑩が放った打球は、相手投手・遊撃手のグラブを擦り抜けセンター前へ!
MTMくん⑦・YNYくん①の二人が本塁へ還り3-5となります。
なおも一死一三塁のチャンスに1番ISIくん④のショートゴロの間に、
三塁ランナーKWKくん⑤が還り4-5と1点差にまで詰め寄ります。
そして、ランナー二人を残し代打MRYくん③の登場!
しかし、三塁ゴロに打ち取られ追加点ならず…。
[駿4-5修]


この試合4-3と猛打賞だったMTMくん⑦の二塁打がこの回の口火を切りました。

【7回裏・修徳の攻撃】
四球・パスボールでスコアリングポジションにランナーを進められ、
8番バッターにレフト前ヒットを浴び1失点。得点のすぐ後の失点は実に痛いですね…。
[駿4-6修]

【8回表・駿台学園の攻撃】
三者凡退に打ち取られます。

【9回表・駿台学園の攻撃】
先頭バッターYNYくん①がセンター前ヒットを放ちますが、
後続が続かず4-6のまま敢え無く試合終了となってしまいます…(悔)

駿台学園|0 0 1 0 0 0 3 0 0|4
修   徳|2 0 2 1 0 0 1 0 X|6

結果的に修徳が一枚上手だったということなのでしょうが、
甲子園経験校(しかも2010夏の東東京準優勝校)を相手に、
2試合とも引けを取らない戦いぶりには本当に感動いたしました。

この悔しさは春季大会で晴らすべく厳しい冬を乗り越えていきましょう!
昨年から秋季のブロック代表(48校)に入れなかった場合、
春はブロックからの登場を余儀なくされてしまいました。
これも試練なのだと前向きに捉え、必ずや春季本大会へ進み、
そしてベスト16以内に入り、2年ぶりの夏のシードを奪取しましょう!
頑張れ駿台野球部!君達なら絶対成し遂げられる!

‐あとがき‐
ということで、この2010年最後の日(2010年12月31日)に、
何とか2010年秋季大会の‍記事を全て書き切ることができました!(ホっ)
それではみなさま、今年も大変お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2010年秋季大会 12-Aブロック代表決定戦(降雨ノーゲーム)追記記事

9/23(祝) に行われた秋季大会12-Aブロック代表決定戦は、
ご承知の通り降雨のため6回途中にてノーゲームとなってしまいました。
詳細記事を書こうとすると相当な悔しさが滲み出てきてしまいますし、
「これはあくまでもノーゲームなのだ」と自らに言い聞かすためにも、
点数推移中心の追記記事という形で何卒ご了承くださいませ。

【1回裏・駿台学園の攻撃】
3点を先制!
[駿3-0修]

【2回表・修徳の攻撃】
一気に6点を奪われてしまいます…。
[駿3-6修]

3回裏、駿台チャンスの場面で激しい雨が降り出し中断。

【3回裏・駿台学園の攻撃】
中断明けに、ISIくん④に満塁ホームランが飛び出し一挙6点追加!
[駿9-6修]


満塁ホームランを放ったISIくん④は満面の笑みでホームイン!
ただ、これは後に幻の満塁ホームランとなってしまうのです…。

【5回表・修徳の攻撃】
2点を返されます。
[駿9-8修]

【6回裏・駿台学園の攻撃】
取られたら取り返す!2点を追加!
[駿11-8修]

しかし、ここでまたもや激しい雨が降り出し中断。
11-8と駿台が3点リードしておりましたが、
ゲームが成立する7回を迎えていないということで、
そのままノーゲームとなってしまいました。


先発ピッチャーYNYくん①。


右方向へのバッティングが実に芸術的だったKMKくん⑱。


ベンチに入れない選手達も一体となり戦っています。

修   徳|0 6 0 0 2 0
駿台学園|3 0 6 0 0 2
          (降雨ノーゲーム)

2010年秋季大会 ブロック予選二回戦詳細記事

9/18(土) に行われた秋季大会ブロック予選二回戦の詳細記事を
アップさせていただきます。

【1回表・駒大高の攻撃】
先発投手YNYくん①は立ち上がりを攻められ、
2番・3番バッターに連打を浴び、二塁手ISIくん④の失策も絡み、
いきなり1点を先制されてしまいます。
さすがのYNYくん①も動揺してしまったのか、
この後死球も与え一死満塁という大ピンチを迎えてしまいます。
しかし、ここからが強心臓の持ち主YNYくん①の本領発揮!
6番バッターをショートフライ、7番バッターを三振に斬って取り、
大ピンチを迎えながらも、結局1失点のみに抑えます。


先発ピッチャーのYNYくん①

【1回裏・駿台学園の攻撃】
二死から3番OGTくん⑥がセンター前ヒット!
続く4番TKHくん②・5番MRYくん③が共に四球を選び、
駿台も負けじと二死満塁というチャンスをつくります。
しかし、6番KWKくん⑤の打球はショートゴロ。
敢え無くチェンジとなってしまいました。

【3回裏・駿台学園の攻撃】
一死から2番HRKくん⑧・3番OGTくん⑥が共にレフト前ヒット。
4番TKHくん②はセカンドゴロに倒れてしまいますが、
5番MTMくん⑦がこの回3本目となる左打者のレフト前ヒットで1点を返し1-1の同点!


同点タイムリーを放ったMTMくん⑦。

YNYくん①は初回こそ不安定な立ち上がりでしたが、
2回以降は完璧に立ち直り素晴らしいピッチングを続けます。
(結局2~7回で許したヒットは1本のみでした)
ただ、駿台打線も相手投手をあと一歩打ち崩すことができず、
その後の4・5・6回は無得点に抑えられてしまいます。

【7回裏・駿台学園の攻撃】
そんな投手戦の中で迎えた7回裏。
この回の先頭バッター1番ISIくん④は積極的に初球を叩き、
放った打球はライト方面へグングンと伸びていきます。
その打球は相手右翼手の頭を超え網フェンスまで届いたものの、
それがオレンジのラインの上か下か微妙なところだったということで、
審判の方々が集まり本塁打か否かの協議が行われます。
そして、出されたジャッジは…、ホームラン!(喜)
ISIくん④のこのソロホームランにてついに均衡を破ります!


勝ち越し本塁打で初回の失点に繋がる失策を帳消しにしたISIくん④。

【8回裏・駿台学園の攻撃】
一死から7番YNYくん①が右中間真っ二つの二塁打。
続く8番代打KMKくん⑱がライト前ヒット。
9番代打MRYくん③もライト前ヒット。(その後代走SMZくん⑰へ交代)
1番ISIくん④はライトオーバー二塁打。
2番HRKくん⑧は四球。
3番OGTくん⑥はレフトオーバーの二塁打。
4番TKHくん②はセンター前ヒット。
なんと、四球を挟んでの6連打6得点にてコールド成立!
中盤までの投手戦が嘘のような8-1での勝利です。


実に雰囲気のある背中を持つMRYくん③。
この日は代打で見事結果を出してくれました。


8回裏代走で出場のSMZくん⑰。


得点には結びつきませんでしたが、
6回裏代打でライトオーバーの二塁打を放ったOWKくん⑲。


試合終了の挨拶。


試合終了後のご父兄のみなさん。

駒 大 高 |1 0 0 0 0 0 0 0 |1
駿台学園|0 0 1 0 0 0 1 6X|8
              (8回コールド)

2010年秋季大会 ブロック予選一回戦詳細記事

3ヶ月近くも記事アップが滞ってしまい恐縮でございます。
本業の方で9月に部署異動があり、その異動先は怒涛の忙しさ…(汗)
どうにも記事をまとめる時間が取れなくなってしまったのですよ…(陳謝)
何とか2010年中にアップすべく、この年末押し迫った時期に
自らのケツを叩いてまとめ出しております…(焦)

ということで、まずは9/11(土)に行われた秋季大会ブロック予選一回戦
の詳細記事をアップさせていただきます。

【1回表・駿台学園の攻撃】
二死無塁から3番OGTくん⑥が死球にて出塁。
続く4番TKHくん②はレフト前ヒット、5番MRYくん③も相手二塁手失策により出塁。
初回から二死満塁という大きなチャンスを迎えます。
ここでバッターは6番ISIくん④!
カウント1-1からISIくん④の放った打球はセンターの頭を超え、
なんと、ランニング満塁ホームランとなりました!(凄)
一挙4得点という幸先の良いスタートを切ります。


二死無塁3番OGTくん⑥の死球から始まったいきなりのビッグイニング。


ベースを一周しながらも余裕でホームインのISIくん④。

【2回表・駿台学園の攻撃】
先頭バッター8番YNYくん①がライト前ヒット。
続く9番SZKくん⑨も相手一塁手失策により出塁。
相手投手の暴投も絡み、1番HRKくん⑧のタイムリーにて
この回2点を追加し6-0とします。


9番ライトでスタメンを張った一年生のSZKくん⑨。

【3回表・駿台学園の攻撃】
一死から7番KWKくん⑤が死球にて出塁。
二死となりますが、9番SZKくん⑨が相手二塁手失策により出塁。
ここで1番HRKくん⑧が2回に続くライト前タイムリーを放ち
またもやこの回2点を追加し8-0とします。


2回・3回と2打席連続タイムリーを放った1番HRKくん⑧。


そのタイムリーでホームインするKWKくん⑤。

【6回表・駿台学園の攻撃】
先頭バッター9番SZKくん⑨がセンター前ヒット。
続く1番HRKくん⑧はセカンド内野安打、2番MTMくん⑦も四球を選び出塁。
このチャンスに3番OGTくん⑥の打球はセカンドゴロ。
相手二塁手に本塁へ転送されSZKくん⑨はタッチアウト。
しかし、一死二三塁とまだまだチャンスは続きます。
ここで4番TKHくん②の打球はセンター前へ抜けて行きます!
HRKくん⑧がホームイン、続くランナーMTMくん⑦も三塁ベースを蹴り
ホームへと向かいますが、惜しくもタッチアウト…。
この回は1点止まりとなりましたが9-0とリードを広げます。


この回タイムリーを放った4番TKHくん②。


惜しくも本塁憤死となってしまったMTMくん⑦。

ディフェンス面では先発投手YNYくん①は完璧なピッチングを披露!
なんと5回二死まで完全試合を演じていたのですよ!(凄)


結局YNYくん①が許したヒットは5回まで投げて1本だけでした…(惜)


そして、6・7回を投げた二番手投手のSGWくん⑩。


途中交代となってしまいましたが、
この日2番二塁手でスタメンを張ったTKOくん⑭。


4回表代打で登場のOWKくん⑲。


途中からファーストの守備についたKMKくん⑱。


5回表代打で登場のARIくん⑮。


途中からセカンドの守備についたOWDくん⑯。


試合終了の挨拶。

駿台学園|4 2 2 0 0 1 0|9
立教池袋|0 0 0 0 0 0 1|1
           (7回コールド)

お詫び

秋季ブロック予選の観戦詳細記事アップが滞っておりまして申し訳ございません。
本業の方で9/1に異動になり、慣れない業務を日々こなしているという状況でして、
今のところ記事アップできる目処がどうにも立たない状況でございます。
とはいっても、秋季大会の記事を来年まで引っ張れないことは自覚しておりますので、
どうかもう暫くお待ちくださいますようお願い申し上げます。

2010年秋季大会 12-Aブロック代表決定戦(再試合)結果

本日行われた秋季大会12-Aブロック代表決定戦(再試合)の試合結果です。

駿台学園|0 0 1 0 0 0 3 0 0|4
修   徳|2 0 2 1 0 0 1 0 X|6

実に悔しい2点差での敗戦となってしまいましたが、
修徳が一枚上手だったということなのでしょう…。
しかし、夏の東東京準優勝校相手によく戦ったと思います。
この結果を真摯に受け止め、悔しさは春大会で晴らしましょう!
長い冬を越えて一段と大きく強くなった駿台野球部に逢えるのを
楽しみにしております。

なお、ブロック予選三試合の詳細記事アップに関しましては、
気持ちの整理がつくまで暫らくお時間をいただけますよう、
何卒よろしくお願い申し上げます。

2010年秋季大会 12-Aブロック代表決定戦 順延のお知らせ

昨日降雨のためノーゲームとなり、9/25(土)に行われる予定だった
12-Aブロック代表決定戦の再試合は、9/26(日)に順延となりました。
なお試合開始時間(10:00)に変更はありません。

既に明日の午前中までは雨が残りそうな予報が出ておりますし、
昨日のこともあるので、このような決断が早めに下されたのでしょう!
明日の午後からはお天気も回復に向かうようですから、
良いコンディションの中で思う存分「駿台野球」を見せてくださいね!

ベンチ外の選手の声出し!

以前この記事にて、試合前にベンチ前で行う恒例の声出しの際、
「ベンチ外の選手も一緒に声を張り上げると一層の一体感が生まれるのかな?」
と書かせていただきましたが、本日その光景を拝見することができました!
学校グラウンドでは少々仰々しくもありますが、これにはめっちゃ嬉しかった私!
本大会が行われる球場で思う存分声を出すためにもブロック決勝頑張りましょう!

2010年秋季大会 12-Aブロック代表決定戦(降雨ノーゲーム)

本日は秋季大会12-Aブロック代表決定戦が行われましたが、
降雨のため6回途中にてノーゲームとなってしまいました。

修   徳|0 6 0 0 2 0
駿台学園|3 0 6 0 0 2
          (降雨ノーゲーム)

11-8と駿台が3点リードしている状況だったので正直残念ではありますが、
高校野球は7回を終了しないと試合成立しないというルールですからね!
サラっと気持ちを切り替えて再試合頑張りましょう!
振り返れば、3-6と駿台が劣勢だった3回裏にも1度目の降雨中断がありました。
3点ビハインドの中での降雨中断と考えれば「お互い様」になりますしね!

ノーゲームということで記録には残らないかもしれませんが、
ISIくん④が前回の駒大高戦に続いてまたもや本塁打を放ちました!
しかも、今回はグランドスラム(満塁ホームラン)だったのです!(凄)

本日のゲーム然り、今大会の駿台打線は当たりに当たってます!
ノーゲームとはいえ、修徳相手に11得点は自信になったことでしょう!
また、2回表に打者一巡の猛攻を受けてしまったYNYくん①ですが、
その後は持ち堪えて2点の追加点のみに抑えたのも好材料になりますね!
自信を持って再試合に臨みましょう!

2010年秋季大会 ブロック予選二回戦結果

本日行われた秋季大会ブロック予選二回戦の試合結果です。

駒 大 高 |1 0 0 0 0 0 0 0 |1
駿台学園|0 0 1 0 0 0 1 6X|8
              (8回コールド)

野球部OBには私の知り合いもいるという強豪・駒大高相手に、
見事8回コールドでの勝利を飾ってくれました!(嬉)

初戦(対立教池袋戦)の9得点は相手のミスに因るものが殆どでしたが、
本日(対駒大高戦)の8得点中7得点は打って取ったと自信を持って言えます!
7回裏のISIくん④の本塁打然り、8回裏の四球を挟んでの6連打6得点は
大変価値のあるもの(次に繋がるもの)だと思います!
この勢いを持って9/23のブロック代表決定戦(対修徳戦)に臨めれば、
ブロック勝ち抜けも十分アリだと考えられます。

ただ、本日は走塁面においてのミスが幾つか目立ちました。
肝の一戦では大概こういったミスが命取りになってくると思いますので、
気を引き締め、中4日でこの辺りを立て直して来て欲しいですね!

ともかく、本日の勝利は非常に喜ばしいことです!
大学付属系の学校はその殆どが強豪校と呼ばれていますから、
そこに勝てたということは大きな自信になってくれることでしょう!


例の声出し風景!


本塁打を含む3安打の猛打賞だったISIくん④!
4安打1四球と全打席で出塁を果たしたOGTくん⑥と迷ったのですが、
7回裏に均衡を破る本塁打を放ったISIくん④を本日のMVPに!
(1回表の失策は大目にみますよ…笑)

なお、この試合の画像入り詳細記事に関しましては、
いつものように後日まとめてアップさせていただく予定です。
よろしくお願いいたします。

新チームになって

9/11のブロック予選一回戦を観戦して、今回の新チームが今までの駿台野球部とは
明らかに変わったなという部分を二つ見つけました!

まずは、試合前にベンチ前で行う恒例の「声出し」について!
今までは普通に円陣を組み、個々で単に声を張り上げるという感じでしたが、
今回からは肩を組み、互いに身体を押し付け合いながらの声出しに変わっていました。
身体を押し付け合うことによって、力のこもった実に野太い声が出ていましたし、
その声に非常にまとまりがあり、選手達の一体感を見事に感じることができました!
欲を言えばベンチ外の選手も一緒に声を張り上げると一層の一体感が生まれるのかな?
まあ、ブロック予選が行われる学校グラウンドでは仰々しい感じもするので、
正式な球場にて試合が行われる際には以下のように実行してくれると嬉しいですね!
ベンチ入りの選手はベンチ前ではなく、ベンチの少し後方にて円陣(肩)を組み、
スタンドの選手は出来る限りスタンド前方のネット寄りに降りてきて、
ベンチの選手とスタンドの選手とが一塊になるようにして部員全員で声出し!

そして、もうひとつの変貌が試合開始と試合終了時の挨拶について!
今までの駿台野球部って挨拶に関して実に淡白な部分があったと思うのですよ。
しかし、今秋季大会のブロック予選より、相手校との礼を交わした後に、
審判の方々へもきちんと頭を下げるように挨拶の仕方が変わっていましたね!
これって至極当然のことかと思いますが(実際やっている学校の方が多いと思う)、
今のご時世カッコ悪いとお座成りになってしまう「礼儀」に関して改革を行ったこと、
そしてそれをきちんと遂行している姿を見て私は嬉しさが込み上げてきました!

このように、今年の新チームには今までの慣習を変えるという気持ちが伝わってきます。
その前向きな姿勢は必ずプレーにも現れるはずです!自信を持って戦っていきましょう!

2010年秋季大会 ブロック予選一回戦結果

本日、修徳高校野球場にて行われた秋季大会ブロック予選一回戦の試合結果です。

駿台学園|4 2 2 0 0 1 0|9
立教池袋|0 0 0 0 0 0 1|1
           (7回コールド)


新チーム初の公式戦で見事勝利を飾ることができました。
ただ、9得点のうちの殆どが相手守備のミスに因るものでしたので、
決して大勝したという感じではありません。おそらく選手も同じ気持ちでしょう。
より一層気持ちを引き締めて、来週の駒大高戦に臨んで欲しいですね!


本日好投した先発ピッチャーのYNYくん①


キャプテンKWKくん⑤のバッティング

なお、この試合の画像入り詳細記事に関しましては、
いつものように後日まとめてアップさせていただく予定です。
よろしくお願いいたします。

2010年度秋季大会一次予選抽選結果

本日、2010年度秋季大会一次予選の組み合わせ抽選会が行われ、
駿台学園は「第12ブロック(当番校:修徳)のA」に属することになりました。

その12-Aブロックに入った学校は以下の6校。
■都雪谷
■明星学園
■修徳
■立教池袋
■駿台学園
■駒大高
当番校の修徳はもちろん強豪校ひしめく大激戦ブロックとなりました。
そして、なんと6校中5校が東東京に属する強豪校ということに…。

Twitterでもつぶやいたことですが、
厳しいブロックというのはそれだけやり甲斐があるってもんです!
ここでブロック代表権を勝ち取ることができたのなら、
絶対的な自信を持って本大会に臨むことができるでしょう!

そして、私個人的には修徳高校野球場が会場っていうのが嬉しい限り!
なんせうちから片道10km程の距離なので自転車で行くことも可能ですからね!
今のところ私は全試合観戦する予定でおります。

【駿台学園の試合予定】
■一回戦:対立教池袋 9/11(土)12:30~
■二回戦:対駒大高 9/18(土)12:30~
■代表決定戦:対雪谷・明星学園・修徳の勝者 9/23(祝)10:00~
※試合会場は全て修徳高校野球場

【修徳高校野球場へのアクセス】
・TX八潮駅より徒歩15分
・八潮・草加駅より東武バス「修徳高校野球場前」下車
・亀有駅より東武バス「潮止橋北」下車徒歩10分