2011年秋季大会一次予選二回戦終了後の裏話

9/18、一次予選二回戦第一試合「工学院大付vs日本学園」を観ていた私は、
工学院大付4番TKMくん⑨のバッターボックスに入る際の礼儀正しさ、
また勝負強さ(3回裏満塁からの走者一掃タイムリー)に魅了されました。

そして、第二試合「駿台学園vs昭和鉄道」観戦後の帰り道、
吉祥寺駅までのバス車内にて、工学院大付野球部員何名かと同乗となり、
なんと、そのTKMくん⑨と直接お話しする機会に恵まれたのです!

次の週にブロック代表を争う対戦相手ということで若干躊躇したものの、
TKMくん⑨に対し「走者一掃のタイムリーは実に素晴らしかった!」と褒め称え、
「ブロック決勝お互い頑張ろうね!」とエールを交換してまいりました。
ということで、駿台が見事に勝利した今だから思えるのかもしれませんが、
ブロック決勝でのTKMくん⑨の打撃成績がとても気になっている私です…。

さあ、ブロック代表を争った工学院大付の分まで本大会では頑張りましょうね!
まずは、3年前の「ベスト8」を超えることを目標に私も精一杯応援頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。