2011年秋季大会本大会 三回戦詳細記事

本大会三回戦の相手は修徳。場所は神宮第二球場。
一年の時を経て、昨秋のリベンジを果たすチャンス到来です!
本大会の組み合わせが決まった時からこの試合を待ち望んでおりました。


試合前ノック風景


スタンドの選手も一緒に声出し!


試合開始の挨拶


1番バッターOGTくん②


2番バッターISI(R)くん⑧


3番バッターFKDくん⑲


4番バッターNSKくん③


5番バッターINUくん⑱


6番バッターNGSくん⑤


7番バッターNKYくん⑭


8番バッターMGIくん⑨


9番バッターKTGくん①

◆一回裏 駿台学園の攻撃
1番OGTくん②:三振
2番ISI(R)くん⑧:中3
3番FKDくん⑲:中安
4番NSKくん③:左安
5番INUくん⑱:遊ゴロ 
6番NGSくん⑤:中安
7番NKYくん⑭:一失
8番MGIくん⑨:三振
先頭のOGTくん②は三振に倒れてしまいますが、
2番ISI(R)くん⑧は初球を叩き、その打球はグングンと伸び、
相手センターの頭上を越え、フェンスへとダイレクトに当たっての三塁打!
続くFKDくん⑲の打球は前進守備の二遊間をしぶとく抜けるセンター前への
タイムリーで幸先良く1点先制!
そして、4番NSKくん③もレフト前ヒットで続き一死一二塁。
ここでバッターは本大会一回戦から四球を挟んでの連続安打(連続出塁)を
続けている本大会ラッキーボーイのINUくん⑱!
しかし、敢え無くショートゴロに倒れてしまいます。
二死二三塁となり、ここで打席に入るのは、
一・二回戦の不振からこの日6番に下がったNGSくん⑤。
そのNGSくん⑤の打球はセンター前へと転がり、ランナー二人が還ります。
なおも続くNKYくん⑭が相手一塁手エラーで出塁するも、
8番MGIくん⑨は三振に倒れ、この回は3得点にて終了。
【駿台学園3-0修徳】


三塁に滑り込むISI(R)くん⑧


その三塁ベース上でガッツポーズのISI(R)くん⑧


センター前タイムリーヒットを放ったFKDくん⑲


センター前タイムリーヒットを放ったNGSくん⑤


この回3点目のホームを踏むNSKくん③

◆二回裏 駿台学園の攻撃
9番KTGくん①:三振
1番OGTくん②:三振
2番ISI(R)くん⑧:中飛
【駿台学園3-0修徳】

◆三回裏 駿台学園の攻撃
3番FKDくん⑲:三振
4番NSKくん③:中安
5番INUくん⑱:中安
6番NGSくん⑤:中安
7番NKYくん⑭:二併殺
一死からNSKくん③・INUくん⑱・NGSくん⑤の三連続ヒットにより1点を追加!
なおも一死一二塁のチャンスでしたが、NKYくん⑭の打球はセカンド真正面!
4-6-3と転送され併殺に打ち取られてしまいました…。
【駿台学園4-0修徳】

◆四回裏 駿台学園の攻撃
8番MGIくん⑨:右飛
9番KTGくん①:三振
1番OGTくん②:三振
【駿台学園4-0修徳】

◆五回裏 駿台学園の攻撃
2番ISI(R)くん⑧:投安
3番FKDくん⑲:捕野選
4番NSKくん③:左安
5番INUくん⑱:犠打
6番NGSくん⑤:遊失
7番代打HRDくん⑳:右2・代走OWDくん⑮
8番MGIくん⑨:中安
9番KTGくん①:三振
1番OGTくん②:中飛
この回先頭のISI(R)くん⑧が三塁線へ転がす絶妙なセーフティバント

で出塁!
続くFKDくん⑲はきっちり送りバントのはずが、打球はキャッチャー目の前へ。
相手捕手は捕球し迷わず二塁へ送球!しかしこれがワンバウンドの悪送球となり、
無死一三塁というチャンスをもらう形となりました。
ここで4番NSKくん③はレフト前タイムリーを放ち、まずは1点追加し5-0。
無死一二塁からINUくん⑱はきっちり送りバントを決め一死二三塁。
ここで6番NGSくん⑤の打球はボテボテのショートゴロ。
しかし、この打球の処理を焦った遊撃手がエラー。1点を追加し6-0。
なおも一死一三塁のチャンスでバッターは代打HRDくん⑳!
1ボールからの二球目を叩いた打球はライト頭上を越えるタイムリー二塁打!
監督の采配がばっちりとハマり、2点を追加し8-0。
そして、続くMGIくん⑨もセンター前へのタイムリーを放ち9点目を奪います。
【駿台学園9-0修徳】


三塁線へのセーフティバント成功のISI(R)くん⑧


ISI(R)くん⑧のガッツポーズ!


初回の打席で連続安打(連続出塁)が途切れてしまいましたが、
気持ちは途切れることなく、三回にはセンター前ヒットを放ち、
この回はきっちりと送りバントも決めてくれたINUくん⑱


代打HRDくん⑳の打席


そのHRDくん⑳はライトオーバーのタイムリー二塁打を放つ!

◆六回表 修徳の攻撃
先頭の9番バッターにサードへの内野安打を許し、
続く1番バッターにセンターへのヒットを放たれ、
無死一二塁のピンチを背負います。
ここで相手は送りバントは選択せず強行策(9点差だから)に出ます。
これが駿台サイドには幸いし、2番バッターの打った打球はショート真正面へ!
INUくん⑱がそのまま二塁ベースを踏み一塁へ転送し6-6-3の併殺に!
そして、続く3番バッターをセンターフライに打ち取り、
この試合最大のピンチを無失点にて切り抜けます!
【駿台学園9-0修徳】


ピンチを切り抜け笑顔でベンチに戻る駿台ナイン!

◆六回裏 駿台学園の攻撃
2番ISI(R)くん⑧:中飛
3番FKDくん⑲:一ゴロ
4番NSKくん③:遊安
5番INUくん⑱:三失
6番NGSくん⑤:遊ゴロ
二死の後に一二塁のチャンスを得ますが無得点。
【駿台学園9-0修徳】

◆七回表 修徳の攻撃
先頭の4番バッターをショートゴロ。
この打球を処理したINUくん⑱の守備は実に素晴らしかった。
続く5番バッターをセンターフライ。
そして、最後のバッターを三振に斬って取りゲームセット!
KTGくん①はまたもや完封勝利(被安打4)を収めます!


こちらの写真は三振に取った最後の一球を投げ込むKTGくん①


KTGくん①勝利の雄叫び!


試合終了の挨拶


駿台応援席も超満員でした!

修   徳|0 0 0 0 0 0 0|0
駿台学園|3 0 1 0 5 0 X|9 (7回コールド)

今回、必ずリベンジを果たしてくれると信じておりましたが、
まさかコールド決着とは、いやはや駿台ナインは素晴らしい限りです!
そして、この勝利にて2008年秋以来となる3年ぶりの東京都ベスト8進出!
次戦(準々決勝)では駿台野球部の歴史を必ずや塗り替えてくれるはずだと
確信できる試合でもありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。