平成19年秋季大会 各ブロック代表校決定!

平成19年秋季大会のブロック代表校が昨日やっと出揃いましたね!
ということで、各ブロックから本戦へと進む代表校の紹介と、
私なりに感じたことをつらつらと…。

■第1ブロック「東亜学園」
東亜学園は久々に復活してきた感がありますねえ~。

■第2ブロック「東京実業」
都墨田工の初戦敗退には驚きました。
こちらでも久々に復活してきた感のある郁文館が頑張ってましたね。

■第3ブロック「東海大菅生」
都足立西(駿台が07春季大会ブロック決勝でサヨナラ負けを喫した学校)は、
決勝まで駒を進めたのですが残念ながら敗退となってしまいました…。

■第4ブロック「明大中野」
岩倉との決定戦は好ゲームになるだろうと期待していたのですが、
予想外の大差コールドゲームになりましたね。

■第5ブロック「帝京」
東海大高輪台の決勝でのスコア(1-3)は見事でした。
そして、現駿台学園ISK助監督が以前コーチを務めていらした
都国分寺もさすがに強かったですね!
都淵江に大差で勝利した時は「もしや?」と思いました。

■第6ブロック「実践学園」

■第7ブロック「関東一」
都紅葉川も頑張りましたが…。

■第8ブロック「桜美林」
第5ブロック同様に桜美林の鉄板と言われたこのブロックですが、
都大島も頑張りました!
しかし、近年の城西大城西の低迷が実に気になります…。

■第9ブロック「二松学舎」
このブロックは強豪校がひしめく、正に「死のブロック」でしたね!
その中でも、さすが秋季大会に強い二松学舎がこのブロックを制しました。
しかし、京華商が初戦で修徳を1点差で破ったことにはホント驚きました。

■第10ブロック「錦城」
このブロックには、戦力が拮抗した学校が集まった気がします。

■第11ブロック「世田谷学園」

■第12ブロック「成立学園」
駿台と同じ北区の学校が来ましたね!
成立はサッカーも強くなりましたし、野球も強い。
都総合工科も前評判通り頑張ってましたねえ~。

■第13ブロック「明星」

■第14ブロック「都文京」
今夏はシード校ながら3回戦敗退となってしまいましたが、
さすがに悔しさをバネにしたのか、底力があるのか、
都文京はホント強くなりましたねえ~。

■第15ブロック「堀越」

■第16ブロック「日大二」
豊山との日大付属決戦を制したのは「二高」でしたね!

■第17ブロック「日大三」
都保谷頑張ってました!
私の大学時代の友人に都保谷出身の人間がいたので、
未だに応援してしまいます。

■第18ブロック「日大一」
こちらのブロックも順延が重なり、やっと昨日決まりましたね!
私個人的には、日大一を応援していたので嬉しい限りです。
また、16・17・18ブロック代表校は「日大三兄弟」になりましたね!(笑)

■第19ブロック「早実」
早実の鉄板でしたが、久々の感がある攻玉社も頑張りましたね!

■第20ブロック「創価」
都足立新田も頑張りました。
しかし、近年の都雪谷の低迷が気になります…。

■第21ブロック「国士舘」
毎度ながら都昭和を応援していたのですが、
そこに勝った都日野台は強かったです。

■第22ブロック「専大附」
八王子の鉄板と思われましたが専大附頑張りましたね!
我が駿台学園に勝利した学校ということで、
本戦では応援してまいります。

■第23ブロック「日大鶴ヶ丘」
国学院久我山の低迷が気になります…。

■第24ブロック「青山学院」
駒場学園にコールド勝ちして勢いに乗りましたね!
都片倉も頑張りましたが、あと一歩でした。

そして、10/1に本戦の組み合わせ抽選会も行われました。
詳細につきましてはコチラへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


上の計算式の答えを入力してください

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください