2009年度選手権東東京大会 四回戦詳細記事

結果的に今大会二試合目にして最後の試合となってしまった東海大高輪台との四回戦。
相手よりも多い二桁10安打を放った駿台打線でしたが、この日はどうにも繋がりが悪く、
残塁も安打数と同じ10ということで実に本塁が遠かったですねえ…。
相手も残塁12でしたが、走者三塁の場面でスクイズや犠牲フライを悉く決められました。
ちなみに、この試合での駿台の犠打数は0(相手は6)でした。
スコアリングポジションに走者を置いてからのこの攻め方の差が、
結果的な点差(3点差)だったのではないかと思います。

三振も10と実に多かったですね。
特に右打者の足元へワンバウンドするスライダーに翻弄されてしまいました…。
また、私がいまだかつて見たことのないHRGくん⑥の盗塁死があったりと、
いつもの駿台のペース(勝ちパターン)が崩されてしまったのも実に痛かったです…。


四回戦の試合会場は江戸川区球場!
この日の駿台応援席も非常に盛り上がりました!


しかし、相手の応援席も凄かった…。
「08秋のリベンジを絶対果たす!」という強い気持ちが
選手と応援席とで一体になっていたような気がします。


4回表、同点タイムリー三塁打を放ったTNKくん④
ヘッドスライディングの後、立ち上がってのガッツポーズは鳥肌モノでした!


4回裏途中からマウンドに上がった1年生ピッチャーのSGWくん⑫
駿台野球部久々のサウスポーピッチャーで来年・再来年に期待です!


9回表の先頭バッター、代打で見事中前安打を放ったSMAくん⑰
SMAくんはこの大会(三・四回戦)2打数2安打でしたね!


その打率10割のSMAくん⑰に敬意を表しまして、
もうひとつ、三塁ベース上の雄姿をどうぞ!
この後、内野ゴロの間に3点目のホームベースを踏みます。


最後のバッターになってしまったGTOくん②
三塁ゴロで一塁にヘッドスライディングするもアウトのコール。
暫く立ち上がることができない姿が涙を誘いました…。


試合終了の挨拶…(悔)

■スコア

駿 台 学 園  |0 0 0 2 0 0 0 0 1|3
東海大高輪台|1 0 1 1 0 2 1 0 X|6

■選手別スコア

[遊] HRGくん⑥ 4打数2安打0打点
[右] SMRくん⑨ 4打数3安打0打点
[三] SZKくん⑤ 5打数1安打1打点
[捕] GTOくん② 5打数0安打0打点
[左] TKMくん⑦ 2打数1安打0打点
[中] OBRくん⑧ 4打数0安打0打点
[一] KUMくん③ 3打数1安打0打点
[二] TNKくん④ 4打数1安打2打点
[投] KBYくん① 2打数0安打0打点
投 SGWくん⑫ 1打数0安打0打点
打 SMAくん⑰ 1打数1安打0打点
------------------------------—
計:35打数10安打3打点

振 10
球 5
犠 0
残 10
併 1
本 0
三 TNKくん④
二 SMRくん⑨・KUMくん③

■投手成績

KBYくん① 3・1/3回4被安打
SGWくん⑫ 4・2/3回5被安打

今大会、東東京代表は帝京・西東京代表は日大三に決定いたしましたが、
7/11に行われた壮行会の際に校長先生がおっしゃって通り、
駿台野球部が08夏・08秋・09春の3大会において勝てなかった相手は、
この帝京と日大三だけだったんですよね!
今の三年生は、秋大会ベスト8・春大会ベスト16・夏大会第4シード獲得と
駿台野球部の歴史をことごとく塗り替えてくれた世代です。
この偉業を自信に、これからの人生を歩んで行ってくださいね!
私の勝手な思いですが、三年生のみんなには大学等に進学してもらって、
是非とも野球を続けて欲しいと願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください