3年生とのお食事会

本日は今年引退した3年生と共に「お食事会」を催しておりました。
3年生のみんなには今まで数え切れないたくさんの感動をもらいましたし、
私からのせめてもの恩返しということで企画させていただいた次第です。

ブッフェスタイルのレストランでの開催だったのですが、
さすが夏までバリバリの選手だった現役高校生ですね!
そりゃ~もう、皆もの凄い喰いっぷりでしたよ!(驚)
「食べ放題にして良かった…」と実にホっとした私でした…(笑)

しかし、みんな揃ってデフォルトで「白飯」を持って来るのにはびっくり!
様々な料理をオカズにしながら白飯を喰らうって感じで、
四十路の私にはちょっと忘れかけていた食べ方でしたね…(照)
FJTくんなんかチャーハンをオカズに白飯食べてましたし!(笑)
私はそんな皆の喰いっぷりを目にしているだけで
お腹いっぱいになってしまった感があります…(苦笑)
今回は未成年者の現役高校生と席を共にするということで、
当然のことながら私もアルコールは一切摂取しませんでした。
そんなことも食が今ひとつ進まなかった要因だったりするのかなあ~?(照)
平日の夕(夜)食時にアルコールを入れないなんて慣れないことするから、
体がびっくりしてしまったのかもしれません…(笑)

今回のお食事会には3年生8人全員が参加してくれました!(嬉)
みんな忙しい中、王子からは遠い所までご足労いただき恐縮です。
おそらく自宅とは逆方向になってしまった子も多かったことでしょう。
私にしてみれば「勤務地からの途中下車」という感じだったので、
開催地を私に合わせる形にしてもらって感謝しております。

とりあえず60分という時間を目処にまずは一頻り喰いまくってもらい、
皆のお腹が満たされた頃を見計らって私からの質問タイム間へと突入。

まずは『駿台を卒業したらどうすんだい?(笑)』という質問から!
意外にもこの時期に進路決定している子が多かったですね!
大学に進んで引き続き硬式野球を続けることを決めている子や
もしかして続けるかもしれないという子、また専門学校にて軟式野球に
転向するという子もいて非常に嬉しい限りです。
そしてもっと驚いたことは、みんなそれぞれ自分自身の将来の目標や
ビジョンをちゃんと持ち合わせているということ!
進学・就職を機に野球をやめてしまう子も勿論いるのですが、
さすが高校野球を三年間続けた子は意識が高いと再確認しました。
私は何の目的もなくただ進学しただけでしたから…(汗)

そして、続いては『高校野球生活で一番印象に残っている試合は?』という質問。
さすがに「最後(08年)の夏の帝京戦」と答える子が多かったですね!
最後に、SITくんからこれと同じ逆質問を私が受けたのですが、
SITくんがサヨナラ打を放った「07秋の対都小山台戦」と答えました。
やっぱりあの9回裏の攻撃は実に神懸り的で私の脳裏に深く刻まれていますから!

あとは『今現在の1・2年生で期待している選手は?』等々、
様々な質問を3年生のみんなにぶつけさせてもらい、
トータル2時間30分、楽しい時間はあっという間に過ぎ去ってしまいました。
私にとっては喰わずとも大変有意義な時を過ごすことができました。


一頻り喰いまくった後、暫しマッタリしているみんなの様子。
この動画はHYSくんが撮影してくれました。


上記動画では撮影者のHYSくんが映っていなかったので、
ひたすら喰いまくるHYSくんの姿をどうぞ!

さあ、3年生にとっては残された高校生活もあと少し!
何やら12/23には「3年生vs1・2年生」という紅白戦も行われるようですね?
是非とも観戦できるよう、私も今から頑張ってスケジュール調整しなきゃ!

P.S.
3年生のみんな、「どうすんだいメンバー」に登録ヨロシクです!

2件のコメント

  1. nanakumiさんご無沙汰です。
    明日は今年最後の紅白戦ですね。

    先週の暖かさがウソなくらい
    明日は底冷えするようです。
    ケガしないようお祈りしてます[e:459]

    もちろん[e:733] 最近国際ルールに
    合わせてアマチュアも改訂された
    新ストライクゾーンは適用ッスよね?

  2. > 校名変更バカさん

    ご無沙汰です!
    紅白戦(3年生を送る試合)、とても楽しかったです。
    しかし、校名変更バカさんも懸念されていたように、
    今日は非常に寒い1日でしたねえ~。
    私は、11:00~15:00まで4時間滞在していたわけですが、
    その暖かそうであろう時間帯でさえ底冷えしてましたし…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください